×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

情報収集が大切

毎年2・3月というと転勤や一人暮らしを始める人が多い事から、賃貸マンションやアパートの空き部屋がどんどんなくなってきます。
なるべく早めの情報収集が必要です。
その前に、部屋探しをする際にこれだけは譲れないという条件をきちんと整理しておきましょう。
通勤時間や住環境、部屋の広さや部屋の設備等で希望の条件があったら、整理していきましょう。
ただ、条件が多すぎるとなかなか目当ての部屋が見つからない事があるので、気をつけよう。
それから、自分の希望した条件を考えると、予定の予算いないかを見極める。
この時の情報収集の方法は3つ。
1.不動産会社に直接訪問する
2.インターネットでの検索
3.住宅情報誌で探す
さぁ、これらを上手に利用して早めの情報収集に努めよう

スポンサード リンク

スポンサード リンク

いよいよ契約

自分の希望通りの部屋が見つかったら、実際に出向いて自分の目で見てみましょう。
自分の得た情報ではわからない部分もあるので、実際に確認することが大切です。
日当たり具合やドアの開け閉めがスムーズか、風呂場のシャワーの水がちゃんと出るかとか、色々みましょう。
そして、借りる部屋が決まったら、不動産会で入居するために必用な書類に記入します。
そして、重要事項説明を受けます。
重要事項説明書は、部屋の詳細や契約内容についての説明になります。
この時、何か聞きたい事があるなら、その場で質問しましょう。
不動産会社によっては、申し込み金として家賃1ヶ月分の費用が必要になる場合もありますので、事前に不動産会社に確認しておきましょう。
この日持っていくものは、認印、身分証明書(保険証や免許証など)、入居申込金(家賃の1ヶ月程度)を前もって準備されておくと、スムーズに手続きする事ができます。

引越

さて、重要事項の説明を受けて、契約書に必用事項を記入して、捺印します。
そして、期日までに契約金の支払を行い契約書類に不備がなければ契約完了です。
お疲れ様でした。
とりあえず、これで新しい賃貸マンションやアパートでの生活がスタートしますね。
さぁ、今度は引越の準備開始です。
どこの引越センターに頼むかは、これも色々と見積りを出してもらうことが大切です。
引越センターには、ダック引越センター、アート引越センター、アリさんマークの引越社、サカイ引越センター、アーク引越センター、ハート引越センター、松本引越センター、日通引越センター、ハロー引越センター、らくだの引越便、キタザワ引越センター、フクフク引越センター、コスコス引越センターなど、まだまだ多数の会社があります。
一件一件見積りを依頼したのでは、時間がかかってしょうがありません。そこで、良く利用されるのが一括見積りですね。今はインターネットで簡単に依頼することができますから、比較もしやすくとても便利です。一括見積りで、時間もお金も節約できますから、活用しないのは勿体無いですよ。

スポンサード リンク




Copyright © 2008 賃貸派 ときどき引越

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。